マーケティング

メールにてモノを販売するには?

DRMの全体像

全体概要としては、‟メールでモノを実際に販売する”ということです。

まず、DRMとは、メルマガ、公式ライン、SNSなどの媒体を使って、
モノを販売するスキルになります。

そして、DRMのフェーズは大きく3つあって、
『集客・教育・販売』に分かれています。

ここで言う『集客』はリストマーケティングと言われる手法で、
メルマガを使って集客をするのが、メールアドレスを集めるということ
になります。

つまり、メルアドをどう集めるかというのが『集客』のキモになっています。

『教育』というのは、分かりにくいので、「意識づけする」というイメージです。
読者さんに対してモノを販売していく上で、気づいてもらう、意識してもらう
ということになります。

なので、どんな意識付けをしていけば、ものを販売しやすくなるか?
というのが教育での重要なポイントになります。

そして、ここの教育の一要素として「クリック率」があります。

教育フェーズの一要素「クリック率」について

なぜクリック率が大事なのか?

だって、最終的には読者さんがクリックしてくれないと絶対売れないからです。

どんなにメルマガで読者を集めて、あなたの商品・サービスはスゴイ!
と認めてもらっても、

最後にメールの中で読者さんが購入、つまり、購入ボタンをクリックするという
行為をしてくれなければ、あなたの商品やサービスが売れることはないからです。

じゃ、どうやってクリック率を上げていけばいいのか?
どのように意識づけをしながら、クリック率を上げていくのか?

ここが教育でのキモにもなるので、その詳細は別のコンテンツでお話ししますが、
今回はDRM全体像ということで、クリック率が重要だということを頭に入れて
おいてくださいね。

教育と販売の重要性

とことん効率よく、キャッシュに直結するようなことしかしてない。
どうやって集客していけばいい?どんな方法で販売していけばいい?
どんな方法で意識付けをつけていけばいいか?
その本質を理解していないとものは売れないんです。

なので、1つ1つのフェーズに何をすればいいのか?をそれぞれを究極に突き詰めた
ものが私のDRMのノウハウだと思っています。

教育と販売の部分には、繰り返しの矢印がありますが、
これは、ステップメールを流して、販売をしていきますが、見込み客は
一度では終わらないという意味です。

見込み客はメルマガ会員である限り、メルマガを送り続けていくので、
解除されない限りはずっと読者さんのままで見込み客でありつづけてもらえます。

その見客み客をどうやって再度意識づけをして、再度別のものを売っていくか、
同じものを売っていくかということに尽きます。
このように「教育と販売」の繰り返しができるのが、メルマガの大きな
メリットなのです。

ブログは検索エンジンから入ってきてもらうので「待ちの媒体」です。
メルマガは手元に読者さんがいる状態だから、アプローチしたタイミングで
いつでもアプローチができます。これはとっても大きな特徴になります。

つまり、このメルマガを活用して、矢印のようにグルグルと効果的に
まわしていくのかが、今回の重要課題になっています。

この続きは、また別コンテンツでお知らせします。

以上、メールでモノを販売するためには、DRMの手法を踏襲しつつ、
集客したら、教育・販売を繰り返し回していくということが大前提だ
というお話をしました。

ABOUT ME
さち
はじめまして、さちです。息子と2人海外在住の主婦♪ コロナの影響で<自分の将来><子供の未来>について悩み始めネットビジネスを開始。 何度か挫折しつつも、やっぱり「これで終わりたくない」の気持ちが沸き起こった先に今のメンターと出会う。 自分の力で稼ぐスキルを身に付けながら仕組み化を目指し、非労働型ビジネス=資産型ブログを立ち上げました。初心に戻った私がこれからどう変われるか?成長過程を情報発信していきます。