SEO対策

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットの特徴とその手法

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOは、SEO施策の1つです。
コンテンツSEOを実施するには、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを
サイト内に構築していく必要があります。

そもそも「コンテンツ」とは
「ユーザーが時間またはお金を費やしても良いと思えるもの」
と定義することができます。

コンテンツSEOとは、ユーザーが「時間を費やしてもいい読んでも良い!」
と思えるような、価値あるコンテンツを作り、届ける必要があるということです。

そして「コンテンツSEO」は、ユーザーはGoogleの検索意図に沿ったコンテンツ
を作る必要が出てきます。

良質なコンテンツさえ作ればSEOの成果が出るわけではなく、
ユーザーが検索したキーワードの意図を読み取りながら、
コンテンツを設計していくことが重要です。

コンテンツSEOのメリット・デメリット

コンテンツSEOのメリット

①資産性が高い
コンテンツSEOの最大のメリットは、コンテンツが資産になっていくことです。

例えば、PPC広告では入金を一度ストップしてしまえば
集客効果が一気になくなってしまいます。しかし、
コンテンツSEOは一度記事を公開すれば記事を削除しない限りずっと、
コストを増やさずに検索エンジンから集客し続けることが可能です。

②ウェブPRや営業活動と相乗効果がある
コンテンツSEOに取り組むメリットの1つとして、一度作成したコンテンツは
ホームページ上に掲載したり、顧客へのメールマガジンで案内したりと、
様々な場面で活用することができます。

③自然リンクを獲得できることがある
自然リンクとは、外部のサイトから自然に張られたリンクのことです。

ユーザーにとって役に立つような質の高い記事は、他のサイトから自然
とそのページへリンクが貼られやすくなります。

コンテンツSEOのデメリット

①効果が出るまでに時間がかかる

コンテンツSEOというよりもSEO対策全般にいえることですが、
効果が出るまでに時間がかかります。しかも、どのくらいの時間がかかるかは
非常に読みづらく、数か月で効果が出ることもあれば半年、1年やっても効果
目に見えないということもあります。

②定期的なリライトが必須

コンテンツSEOでは良質な記事を作ることが大前提です。
そのため、記事の作成には力を入れるのは当然ですが、
一定期間を過ぎたら記事のリライトを考えなければなりません。

それは作成当初には良い記事であっても時間の経過と共に、
新しい手法が出てきたり、情報も古くなるため、
ある程度、手直し(リライト)が必要になるからです。

上位表示に有効なコンテンツSEOの手法

コンテンツ作成にキーワードが重要です。
そして、特にこの「キーワード選定」重要項目としては

1:ブログ記事のタイトル
2:ブログ記事内に使うキーワード

この 2 つになります。

ここでとても重要なことは、

大量のアクセス集めではなく、
「あなたが集客したいタイプの見込み客をしっかり集める」
ことが大切なのです。

もちろん、検索結果で上位表示が取れれば、かなりのアクセス数が見込めるため、
収益性も高くなります。

ですが、集まったアクセスがあなたのブログテーマに関係ない属性だとすると、
さぁどうでしょうか?
すぐに離脱するか、タイトルだけで読まないかもしれません。

なので、あなたのブログテーマに合った‟質の高い見込み客”を集めることを
念頭にいれて、コンテンツSEOの記事を作成してみてくださいね。

そして、タイトル、キーワード選定から、ぴったりフィットする見込み客を
集められるようなコンテンツに仕上げていきましょう。

以上、コンテンツSEOのメリット・デメリット、そして質の高いSEO手法
について説明させていただきました。

ABOUT ME
さち
はじめまして、さちです。息子と2人海外在住の主婦♪ コロナの影響で<自分の将来><子供の未来>について悩み始めネットビジネスを開始。 何度か挫折しつつも、やっぱり「これで終わりたくない」の気持ちが沸き起こった先に今のメンターと出会う。 自分の力で稼ぐスキルを身に付けながら仕組み化を目指し、非労働型ビジネス=資産型ブログを立ち上げました。初心に戻った私がこれからどう変われるか?成長過程を情報発信していきます。