総合

【続編】シャトースクール閉鎖にリナローズ吠える!真相はどこまで本当?

シャトースクール閉鎖により、保護者たちの返金要求は未だ実現してないようですね。

ただ、報道されていない園長リナローズさんの主張がTwitterで詳細説明文として流れてきました。

スクールの所有者であるオーナーとの一部始終があるので、別記事の【続編】として2021年以降のやり取りを調べてみました。

☟☟まずはこちらから☟☟

シャトースクール閉鎖に追い込んだ大家は誰?リナローズTwitterで真相暴く!?西麻布の高級インター『シャトースクール』閉鎖のニュースがメディアで流れてから約1週間! 立ち退き強行執行を受けた創立者のリナローズ...

シャトースクール閉鎖にリナローズが反旗?

まず始めに、リナローズさんは、Twitterにリンク付きで大家の名前を公表してトラブルの全容を説明しています

その添付資料はVictrinox-Abuse』と題して英文を日本語に翻訳して引用しています。

シャトースクール閉鎖の要因①不当な賃貸借契約の強要

この資料の中でリナローズさんは、

1.毎月滞納なく家賃支払いは継続していた
2.大家が「標準賃貸借契約」の提案(不当な契約内容)
3.次第に「払い済家賃は違約金」に変わり
4.スクールに違約金150万ドル(2億円)請求

というわけのようです。だから家賃延滞はウソで、100%何も悪いことしてない!と主張されているみたいですね。

ここでいう2.大家が「標準賃貸借契約」の提案(不当な契約内容)とはどんな内容なのでしょうか?大家というのが、スイスのナイフメーカー『ビクトリノックス』になります。ビクトリノックスは賃貸借契約期間中なのにもかかわらず、いきなり

        =出典元:Victrinox-Abuse=

この契約書を要約すると

・10ヶ月分の家賃保証金即時支払い
⇒家賃@230万円×10=2,300万円
・6ヶ月で退去
・2017年時点で遡って契約

おそらく、既に締結していた賃貸契約は2017年12月1日~2020年11月30日まで。なのに、満了7ヶ月前の2020年4月にビクトリノックスが上記の契約提案をしてきたとのこと。

どうして契約期間中に、10ヶ月分も追加保証金支払いして、2017年に遡及して再契約するの?

シャトースクール閉鎖の要因②家賃が違約金にすり替え

この2020年7月28日発信文書では、ビクトリニックス所有の物件は、

・2017年11月30日で契約終了している
・今も(2020年7月28日)占有している

だから、シャトースクールが支払い済みの230万円は家賃相当額の「損害金」になりますと断言していますね。

あと少しで契約満了なのに、なぜ2017年11月30日で契約切れてることになったのか不可解です。

定期的に支払っていた家賃230万円は、家賃ではなく「損害金」扱いってどうゆうこと?

シャトースクール閉鎖の要因③違約金2億円請求

ビクトリノックスは突然、「家賃は違約金だった」と言い出し、150万ドルの約2億円以上の違約金の請求をしてきたようです。

ビクトリノックスが毎月家賃を支払っていることを確認していたのに、「家賃が違約金だった」と突然、スクールが150万米ドル以上の違約金を支払わなければならないと主張し始めました。
=出典元:Victrinox-Abuse=

家賃が違約金で、さらに2億円の違約金追加徴収!?どうして?

新たな賃貸借契約書の提案から、どんどん話がおかしくなっていますね…

シャトースクール閉鎖の要因④ビクトリノックスが提訴

スクール側は、今までの良好な関係だったビクトリノックスとは思えず、”いつもの態度とは違いますよね”という内容で社長にメッセージを送ったそうです。

スクールとしては、一時的なパンデミックトラブルであり、二度と起こらないことを信じてビクトリノックスを許し、事業の回復を祈るものである。”ビクトリノックスの正常な態度とは思えません。”=出典元:Victrinox-Abuse=

ですが、

ビクトリノックスの社長カール・エルゼナーJrに無視され、彼は調停を進め、「家賃は違約金だ」と主張したようです。

リナローズ
リナローズ
この裁判は東京地裁で却下され、家賃は違約金とは認められなかったです。

シャトースクール閉鎖立ち退きさせたビクトリノックスVSリナローズ攻防戦!

閉鎖させたビクトリノックスVSリナローズ攻防戦①2021.4

2021年4月
カール・エルゼナーJr.は「過去に支払った家賃は決して家賃ではなく違約金である」と再度主張

約65ヶ月分の家賃違約金を支払うようスクールを提訴したようです。

え!?この件は調停で却下されたのに、また65か月分の家賃違約金支払い請求で訴えたの?
リナローズ
リナローズ
この裁判は却下されました。

閉鎖させたビクトリノックスVSリナローズ攻防戦②2021.5

2021年5月10日
プリスクールの財務MGは、ビクトリノックス・ジャパンの西川社長と財務MG補佐の堤真紀子氏にメール送信☟

          =出典元:Victrinox-Abuse=

スクール側は当社と貴社との契約に関して、

・賃貸契約が継続されること
・家賃の滞納がないことなどの条件を満たしており
・パンデミック・リリーフの給付を問題なく承認されました

との報告メールをされています。また数年に及ぶ押し問答は埒が明かず、

●貴社と弊社との賃貸契約は無効であり、これらは違約金なのでしょうか?
●私たちは将来のために会って話し合いたい
●貴社は、家賃を違約金として法外な違法%を強要し、一方的で強引な対応
●この違法な扱いは今後も変わらないのでしょうか?

2021年5月12日(水)午前10時(日本時間)までにご連絡がない場合は、上記を承諾したものと判断させて欲しいという文章をビクトリノックスに送っています。

感情的にならず前向きな姿勢を見せているように感じるけど、どうなんだろう?

閉鎖させたビクトリノックスVSリナローズ攻防戦③2021.6

2021年6月9日
ビクトリノックス社長カール・エルセナーJrと彼の秘書にメール送信☟

リナローズは、パンデミック時の詐欺行為にもかかわらずカール・エルゼナーJr.がビクトリノックス・ジャパンと日本の弁護士に詐欺に遭ったか、パンデミックの影響を受けてここまで変わってしまったと予測する書簡を送付しました。

このレターには、気になることが記載されています。

当初の契約と2016年のあなたの法的裁判が極めて非倫理的であることを認め、それを排除しました。

2016年にも何か揉めていたようですね…
しかも、当時スイス在住の社長リナローズさん訴えていると

ビクトリノックスの社長カール・エルセナーJrは、2016年同様にビクトリノックス・ジャパンから誤った情報を得て、利用されてるだけと擁護している内容です。

閉鎖させたビクトリノックスVSリナローズ攻防戦④2021.10

2021年10月21日
カール・エルゼナーJrは、非営利財団に対して初めて立ち退き&重犯罪予告実施

ビクトリノックスの弁護士である大室幸子氏は、裁判所捜査官を伴い、事前通告なしにプリスクールに強制的に入ったとのこと。

リナローズ
リナローズ
ビクトリノックス隊は、撮影禁止、動いたら「重犯罪」で逮捕すると言って教室に入った。 

・すべての立ち退き
・重犯罪
・5回の脅迫

事前通告なしに子供たちのいる幼稚園の時間帯に行われたようで、恐ろしい行動ですね。

閉鎖させたビクトリノックスVSリナローズ攻防戦⑥2021.11-12

         =出典元:Victrinox-Abuse=

この書面によると、

・2016年9月16日以降に賃貸借契約を結んだ事実はない
・2021年9月分の支払い分まで「損害金」として受領
・2021年10月分以降の「損害金」は未払い

前契約の解除依頼、賃貸契約自体がなし!?え~そんなことあるの?

不条理な契約書にサインしない事が契約締結は2016年9月で終了だんなんて…今までの家賃も損害金だったと。これ、本当なのでしょうか?

2021年12月2日
ビクトリノックスの立ち退き&重犯罪予告により、女性教師、看護師、事務員5名が負傷

防犯カメラ破壊され、撮影したものはビクトリノックスが所有・管理するものであり、スクールは一切関与出来なかったようです。

ちょっとこの状況は怖いですね…関係ない人間を負傷させるって…

国際弁護士が証拠を確認し、アメリカ人教師被害者の件で

・ビクトリノックス・ジャパンの山岸良太弁護士
・ビクトリノックス・ジャパンの小室幸子弁護士

この2人を保留書類の要求を実施したようです。

閉鎖させたビクトリノックスVSリナローズ攻防戦⑦2022.1

2022年1月20日
スクールは弁護士を選任し、東京地裁に立ち退き解除の請求

リナローズ
リナローズ
スクールが勝訴し、立ち退きは解除されました。

ですが、スクールは、ビクトリノックス社の脅迫・重犯罪行為に対して、安全確保のために異議申し立てを行い、1年分の家賃保証金を支払ったようです。

閉鎖させたビクトリノックスVSリナローズ攻防⑧2022.夏

裁判でも立ち退き解除が成立したのにもかかわらず、再三の裁判手続き中でありながら、ビクトリノックス社長カール・エルゼナーJrは、大室幸子弁護士に付き添われ

立ち退き&脅迫予告を2回試みた。

ということです。

2022年7月15日
ビクトリノックスは東京地裁に出廷

「家賃は違約金だった」という主張を貫いていたようです。

ビクトリノックスの山岸良太弁護士・大室幸子弁護士の陳述書:
“原告(スクール)は、(家賃支払いの)証拠によって、あたかも賃貸借契約を結んでいたかのように主張している。=出典元:Victrinox-Abuse=

「賃料」という言葉を表現したからといって「賃料」という意味ではなく、賃貸借契約が成立するはずもなかったという陳述をされてようです。

賃貸借契約なんてなかったことになってる!驚

2022年8月
東京地裁は裁判を無視することで借主の権利を否定

⇒反対尋問、和解協議、裁判手続きは一切行われなかったようです。

2022年10月
スクールは1年分の家賃保証金を追加で支払い、東京高等裁判所に控訴

1月に保証金払って、また控訴するのに追加で年間の家賃保証金払うの?

閉鎖させたビクトリノックスVSリナローズ攻防⑨2023年

2023年2月
この事件は反対尋問、和解協議、裁判手続きもなく、再び無視

裁判所は、1年分の家賃の保証金を預かっているにもかかわらず、この事件を検討することなく、3ヶ月で却下したようです。本当でしょうか?

しっかり、裁判をして欲しくて2年分の家賃保証金(5,000万円)払っているのに、裁判が流されることなんてあるの?
リナローズ
リナローズ
2年分の家賃保証金50万ドル(約5,000万円)を裁判にかけずに保管することは、日本国憲法に違反ではないでしょうか?

シャトースクール閉鎖立ち退きの総まとめ

シャトースクール閉鎖立ち退き問題ですが、この記事はリナローズさんが公表している説明文『Victrinox-Abuse』ビクトリノックス乱用の資料を基に作成しています。

このことを踏まえた上での、ビクトリノックスがシャトースクールへの主張総まとめは、

①不当な賃貸借契約の強要
②家賃が違約金にすり替え
③違約金2億円請求
④調停・裁判を何度も実施
⇒立ち退き・脅迫・重犯罪あり
⑤2016年9月16日~賃貸借契約の事実なし
⑥家賃ではなく損害金を受領

資料が全部ないため、疑問点は4つ!

・2016年のビクトリノックス社長カール・エルゼナーJr.との法的裁判とは?
・2021年夏、彼はなぜシャトースクール・リナローズを訴えているのか?
・なぜ賃貸借契約の締結がなかったことになっているのか?
・2021年10月分~2023年3月の家賃支払いはどうなってるか?

この疑問点が解消される日は来るんでしょうか?

まだまだ不可解な点は山ほどありますが、リナローズさんの言動を見守っていくしかないですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

リナローズ ナポレオンスター
リナローズ息子のハイスペ多才ぶりが怪しすぎ!16歳でシャトースクールの社長!?創立者のリナローズさんの「シャトースクール」が立ち退きを命じられてますね! なのに、この高級インターナショナルスクールの代表権をリ...
スポンサーリンク